塩分や運動に気を付けても高血圧がなかなか改善しない、血圧が高いので脳卒中や心筋梗塞が怖いと悩んでいませんか?実はきつい運動も薬も一切使用せずにたった3日で血圧を下げることができる食事療法があります。

高血圧wiki(原因) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

高血圧は原因が明らかでない本態性高血圧症とホルモン異常などによって生じる二次性高血圧に分類される。 本態性高血圧の原因は単一ではなく、両親から受け継いだ遺伝的素因が、生まれてから成長し、高齢化するまでの食事、ストレスなどの様々な環境因子によって修飾されて高血圧が発生するとされる。(モザイク説)

・動脈硬化症による脳内酸欠:一般的に病院で高血圧と診断される大部分の原因は、
 上行大動脈の動脈硬化症による脳内酸欠を防ぐため、血圧が上がっている状態のことをいう。

・遺伝:両親の一方あるいは両方が高血圧であると高血圧を発症しやすい。

・塩分:日本人の高血圧の発生には食塩過剰摂取の関与が強いとされる。日本人の食塩摂取量は
 1日平均12gであり、欧米人に比べて多い。日本人の食塩嗜好は野菜の漬け物、梅干し、魚の塩漬け
 など日本独自の食生活と関連があるが、2004年版に発行された日本の高血圧治療ガイドラインでは
 1日6g未満という厳しい減塩を推奨している。食塩(塩化ナトリウム)だけでなく重曹(炭酸水素ナトリウム)
 などを含む食品および胃腸薬の摂取に対しても注意が必要。

食塩の過剰摂取が高血圧の大きなリスクとなるのは、身体の電解質調節システムに原因がある。細胞外液中でナトリウムをはじめとする電解質の濃度は厳密に保たれており、この調節には腎臓が大きな役割を果たしている。すなわち、濃度が正常より高いと飲水行動が促され、腎では水分の再吸収が促進される。反対に、濃度が低い場合は腎で水分の排泄が進む。

・結果として、血中のナトリウムが過剰の場合は、濃度を一定に保つため水分量もそれに相関して
 保持され、全体として細胞外液量が過剰(ハイパーボレミア:hypervolemia)となるのである。
 腎のナトリウム排泄能を超えて塩分を摂取している場合、上記のメカニズムで体液量が増加して
 高血圧を来す。ナトリウム過剰で高血圧をきたしやすい遺伝素因も存在することが確認されている。

・ストレスや肥満、飲酒なども高血圧の発症に関与するとされる。

・血圧反射機能の障害なども高血圧の発症に関与するとされる。

  食塩感受性高血圧の病態については、諸説あるが、名古屋市立大学医学部の木村玄次郎教授の
  説では摂取したナトリウムを腎から排泄しきれず、夜間も腎臓でナトリウム排泄のため多くの
  血流を要するnon-dipper型高血圧(夜間高血圧)が良い説明モデルとなる。non-dipper型高血圧
  ではナトリウム排泄を促進する利尿剤を投与することでnon-dipper型がdipper型へと変化する
  ことが認められており、ナトリウム排泄が食塩感受性の有無を規定する因子のひとつと論じている。


藤城先生が30年間研究を積み重ねてきた高血圧治療法の詳細はコチラから

Yahoo!ブックマークに登録

MENU

高血圧wiki

当サイトについて

■コラム
『降圧剤が与えるダメージ』

「最近は、年齢に関係なく血圧の目標数値を設定して、上回った場合には降圧剤を服用させていますが、投薬を続けているとますます交感神経が緊張してしまい、脳に血流が行かなくて、早くぼけてしまうのです。

それがわかると、年をとって血圧が上がったからと言って、やたらと薬を飲んで下げさせるというのは、あり得ない話だと理解できます。

また、お年寄りには白内障や緑内障といった目の病気がすごく多いです。何人かの眼科医に、患者さんが降圧剤を飲んでいないか確認してもらったところ、降圧剤を飲んでいる人がすごく多かったのです。

目や脳、腎臓は血流不足に敏感な臓器です。降圧剤でダメージを受けてしまう危険性があります。」

和田 秀樹氏(国際医療福祉大学教授、一橋大学特任教授)
『不老の方程式』より引用

  • SEO診断