塩分や運動に気を付けても高血圧がなかなか改善しない、血圧が高いので脳卒中や心筋梗塞が怖いと悩んでいませんか?実はきつい運動も薬も一切使用せずにたった3日で血圧を下げることができる食事療法があります。

食塩との関係

日本では長い間「過剰な塩分摂取が高血圧の原因」だと考えられてきました。

しかし、日本の研究機関在籍者では初めてとなる『米国心臓協会Corcoran 賞』を受賞した東京大学医学部の藤田敏郎教授の研究(1995年)によると、人間には2種類のタイプがあるとわかったのです。それは、

1.食塩を取ると血圧が上がる人=「食塩感受性」
2.食塩を取っても血圧が上がらない人=「食塩非感受性」

「食塩感受性」の人は、これまでの常識通り、
塩分を取れば血圧が上がってしまいます。

しかし「食塩非感受性」の人はなんと、
塩分と血圧に相関関係はないのです。

つまり、いくら塩分を取っても血圧が上がらないのです。

ではその「食塩非感受性」の人は
いったい日本にどれぐらいいるのでしょうか?

下記は、藤田教授の研究で明らかになった、
日本人における「食塩感受性」の割合です。



なんと、塩分を取って血圧が上がる人は20%で、
残りの50%〜80%の人は、いくら塩分を摂っても
血圧は上がらないのです。


藤城先生が30年間研究を積み重ねてきた高血圧治療法の詳細はコチラから

Yahoo!ブックマークに登録

MENU

高血圧wiki

当サイトについて

■コラム
『降圧剤が与えるダメージ』

「最近は、年齢に関係なく血圧の目標数値を設定して、上回った場合には降圧剤を服用させていますが、投薬を続けているとますます交感神経が緊張してしまい、脳に血流が行かなくて、早くぼけてしまうのです。

それがわかると、年をとって血圧が上がったからと言って、やたらと薬を飲んで下げさせるというのは、あり得ない話だと理解できます。

また、お年寄りには白内障や緑内障といった目の病気がすごく多いです。何人かの眼科医に、患者さんが降圧剤を飲んでいないか確認してもらったところ、降圧剤を飲んでいる人がすごく多かったのです。

目や脳、腎臓は血流不足に敏感な臓器です。降圧剤でダメージを受けてしまう危険性があります。」

和田 秀樹氏(国際医療福祉大学教授、一橋大学特任教授)
『不老の方程式』より引用

  • SEO診断