塩分や運動に気を付けても高血圧がなかなか改善しない、血圧が高いので脳卒中や心筋梗塞が怖いと悩んでいませんか?実はきつい運動も薬も一切使用せずにたった3日で血圧を下げることができる食事療法があります。

LINK集4

藤城先生の糖尿病治療
あなたが糖尿病になってしまった原因は食事のはずです。それを治療するには食習慣を正しく変えればよいのです。正しい食事法はあなたの体をガラリと変える力を持っています。

手汗対策ガイド
病院に行くことができない人のための手汗対策を解説しています。今では手術をしなくても自宅で簡単にできる手汗対策があるんです!

心の専門家によるあがり症治療
極度の緊張、マイナス思考にならないための、精神医学・心理学・脳科学に基づいた誰にでも簡単にできるあがり症治療法

ロト6予想
※数量限定キャンペーン実施中!週に1回携帯電話またはパソコンからの簡単な操作で次回のロト6当選番号を自動的に予想するツールです。去年は2回の2等当選を始め、2〜5等を毎回大量的中させた実績があります。

妊娠したい
30代後半〜40代後半でも閉経さえしていなければ妊娠は可能です!最短14日、平均180日で自然妊娠できる自宅でできて、体にも経済的にもやさしいとっておきの方法があります。

サヨナラ!降圧剤の副作用。東洋医学で高血圧を改善
高血圧を降圧剤なしで改善する治療法を紹介しています。東洋医学を中心として治すので、降圧剤の副作用はもう心配ありません。

※リンクについて

Yahoo!ブックマークに登録

MENU

高血圧wiki

当サイトについて

■コラム
『降圧剤が与えるダメージ』

「最近は、年齢に関係なく血圧の目標数値を設定して、上回った場合には降圧剤を服用させていますが、投薬を続けているとますます交感神経が緊張してしまい、脳に血流が行かなくて、早くぼけてしまうのです。

それがわかると、年をとって血圧が上がったからと言って、やたらと薬を飲んで下げさせるというのは、あり得ない話だと理解できます。

また、お年寄りには白内障や緑内障といった目の病気がすごく多いです。何人かの眼科医に、患者さんが降圧剤を飲んでいないか確認してもらったところ、降圧剤を飲んでいる人がすごく多かったのです。

目や脳、腎臓は血流不足に敏感な臓器です。降圧剤でダメージを受けてしまう危険性があります。」

和田 秀樹氏(国際医療福祉大学教授、一橋大学特任教授)
『不老の方程式』より引用